◇形式練習◇

雁行陣主体の練習

雁行陣対雁行陣の攻防

ストロークでのクロスのラリーを軸にした攻防のパターンを練習する。
雁行陣ペアの役割分担は、ベースライン側がゲーム・メーカー、ネット側が
ポイント・ゲッターとなることが多い。局面に応じた組み立てを意識する。

【ベースラインからの組み立て例】
a.雁行陣対雁行陣のままでの組み立て
b.自分たちが先にネット並行陣になるための組み立て
c.相手のベースライン・プレーヤーをネットに出させて逆をつく組み立て


並行陣主体の練習

1)前衛並行陣 対 後衛並行陣
球出しはストローカーが行い、最初に返すボレーヤーはやや深めの位置から
踏み込みながらクロスへ深めのボレーを返す。
打つコースは最初だけクロスでそれ以降はどこでも決められるところへ打つ。
ロブで抜かれたら前衛はさがってしのぎに入り、
後衛にいた人たちは前につめて決めにかかる。


2)雁行陣同士から平行陣対雁行陣への移行
最初雁行陣同士で全員が構え、そのあと後衛がアプローチショットを打って前へ詰める。
この後、平行陣対雁行陣でポイントを目指して戦う。


3)サーブからセカンド・ボレーまで
サーバーは@サーブからネットへ(サービスライン前後のファースト・ボレー・
ゾーンでスプリット・ステップ)Aファースト・ボレー、B(前につめて)
セカンド・ボレー。
レシーバーは、2回ともクロスへリターン。以後は臨機応変に。
その他2人は状況の変化に応じてポジショニング。

【チェックポイント】
a.ネットへのつめをスムースにするサーブ動作。
b.ファースト・ボレーへのフットワーク。
c.スプリット・ステップ。
d.ファースト・ボレーでのバランス。
e.ファースト・ボレーからセカンドボレーへの動き。


4)クロスリターンとポーチへの対応
サーバーは、サーブ・エンド・ダッシュ。レシーバーはクロスへリターン。
サーバーのパートナーは、レシーバーの動きにタイミングを合わせて
ポーチする(サーバーはポーチャーをカバーするコースへ動く)。
以後は臨機応変に。

【チェックポイント】
a.パートナーが相手からのポーチに対応できる準備をする。
b.ポーチされたボールをあわてることなく切り返す。
c.ポーチされずにリターン出来た場合は、すぐに攻めのポジションに切り替える。


5)並行陣対並行陣
センターから球出しで、並行陣対並行陣の形式。
途中で途切れた場合は、すぐに次の球を出す。
スピードと位置を意識して動く。

【チェックポイント】
a.並行といってもミニ雁行になる。
前側の人は斜め前に出て攻める。
後ろ側の人は横に動いて後ろをケア。
b.自分が打った瞬間に、次に何処に球が返ってくるのかは
決まって来る。打った後止まらずすぐに次の動きに入る。
c.自分の担当範囲をコート半分と限定して考えない。
壁を取り払う。


もどる